深蒸し煎茶 【青流 -seiryu-】

 お茶の製造第一段階に“蒸す”工程があります。
 深蒸し煎茶は、この時に強く長めに蒸すことでお茶は粉っぽくなるものの、苦味・渋み成分の表面に膜をつくるようになり、それらを抑えることができます。

 そのため、多少熱めのお湯でも淹れてもまろやかであるため、淹れ方を気にされず気軽に淹れることができます♪

 また、冷茶をつくる場合も、茶葉の細胞が開かれた状態であるため、よく水に抽出されやすく、美味しい冷茶が出来上がります。


★淹れ方★
 お湯の温度:70〜80度
 お湯の量:80cc ポットからお湯呑みにお湯を入れ冷まし、お湯の量も一緒にはかります。
 茶葉の量:4g 急須に茶葉をいれます(約小さじ2杯程度)
 浸出時間:30秒 急須にお湯呑みのお湯を移し、そのまま30秒程度お待ちください。

 最後の一滴まで絞りきってください。
 2人以上のときはまわし注ぎをして、濃さや量が均等になるように注ぎ分けてください。
 2煎目以降は少し高めの温度で浸出時間を短めにして淹れてください。


☆ロックアイスティの作り方☆
 ‘器の器に氷をたっぷりいれ、用意しておきます。
 ⊂綉と同じ淹れ方をしたお茶を一気に注ぐ。
 7擇混ぜると、美味しい冷茶の出来上がりです♪
販売価格 756円(税込)

カテゴリーから探す

コンテンツ